【官能小説・作品詳細】快楽寝台探偵Jの快閃係

【官能小説】快楽寝台探偵Jの快閃係
<a href="//otonanozizyou.com/adult-photo/”">Photo by 女性向けアダルト動画・素材</a>
目次

あらすじ

最後に届いた就職合否もお祈りされる内容だった清史郎。

何気なしにアクセスした求人情報サイトに、全く見たことのない探偵事務所の求人が出ていた。探偵のアシスタントや事務処理の求人だった。

しかし、男性のみの募集で、面接時には探偵との相性を調べるための軽い体力測定もある不思議な求人。

不採用覚悟で応募してみるのだが……。

若き女探偵の閃きを、快楽で導き出し、難事件を解決していく。

謎が持ち込まれるたびに、清史郎は女探偵・霧島樹里と体を重ねて、真相を導いていく。

女探偵以外にも、清史郎を誘惑する様々な関係者たち……

事件を解いていく中で、清史郎の経験値も上がっていく一方で、見え隠れする女探偵の過去……

二人の思いの行方は……

安楽椅子探偵ならぬ快楽ベッド探偵Jの推理絶頂へ導く快閃係(ヘルパー)清史郎の真実を見抜くエッチな推理事件簿!

完結済み/2017年〜2018年

目次・章

第1章 見習い快閃係

第2章 狙われた江呂七宝・コレクター殺人事件

第3章 揃えられた江呂七宝・洋上ロマンス事件

全41話

小説投稿サイト

【官能小説】快楽寝台探偵Jの快閃係

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる